刺される前にハチ駆除をしよう|命を守る選択

一軒家

生息数の管理が喫緊の課題

ハクビシン

市街地や住宅地で被害増

野生動物による農作物や森林資源の被害が、全国的に増加しており、年々深刻化しています。このような状況にあるため、野生動物の保護が目的であった鳥獣保護法では対応が難しくなっています。特に、シカやイノシシ、ハクビシンは、生息エリアがどんどん広がっており、生息数も増えており、適正な駆除を行いながら生息数の管理が喫緊の課題となっています。これらの野生動物の中で、ハクビシンは、市街地や住宅地など人間の生活空間でも頻繁に目撃されるようになっており、ハクビシン駆除の必要性が高くなっています。これは、夜行性であるハクビシンの格好の隠れ場所になっている住宅地の空き家が、住宅地にどんどん増えているからです。木登りが得意なハクビシンは、電柱・電線を伝って空き家に侵入し、屋根裏へ住み着いてしまいます。

駆除業者に頼むと便利

ハクビシンは、顔に額から鼻にかけて白い線が入っているのが特徴で外見はかわいらしく、体長は50〜75センチメートルと小さいのですが、ペットではなく野生動物であるので凶暴です。ハクビシンは鳥獣保護法に該当するので、ハクビシン駆除は勝手にはできません。しかしながら、実際に被害がたくさん発生する地域では、市町村へ駆除申請することで捕獲することができます。ハクビシン駆除は、「はこわな」を設置して行います。捕獲には狩猟免許が必要ですが、「はこわな」でのハクビシン駆除は、自分の敷地内であれば狩猟免許なしで罠を設置することがきます。ハクビシン駆除用の「はこわな」を貸し出ししている市町村も多くあるので確認してみましょう。ただし、ハクビシン駆除で注意しなければならないこととして、捕獲してからの処分があります。処分は、殺処分から処理まで苦労と苦痛を伴います。自分で駆除を行うは費用的に安いですが、安全に苦痛なく、確実にハクビシンを駆除するなら、駆除業者に頼むことが便利です。