刺される前にハチ駆除をしよう|命を守る選択

作業員

生息数の管理が喫緊の課題

野生動物による農作物や森林資源の被害が、全国的に増加しており、年々深刻化しています。その中でも、ハクビシンは、市街地や住宅地など人間の生活空間でも頻繁に目撃されるようになっています。ハクビシン駆除は駆除申請をすることで許可が行われます。安全に確実に駆除するなら、駆除業者に頼むことが便利です。

とるべき対応と委託

蜂の駆除でもっとも重要なことは、巣ごと駆除することである。働き蜂が屋外の活動から戻ってくる夕方以降に巣に薬剤注入して撤去すれば、その巣で活動するほとんどの蜂を駆除することができる。このような作業は危険性が高いので、専門業者に委託することが必要である。

害虫駆除は専門家に任せる

蜂退治は素人が手を出すと刺されたり、死亡するケースも報告されています。きちんとした装備と知識をもった害虫駆除の専門業者に任せましょう。巣が分からなくても調べて退治してもらうことも可能です。気になればまず相談をしてみましょう。

作業前に知っていたいこと

蜂

安全に配慮する

人体に影響の少ない虫であれば、過敏に反応して駆除を急がなくても問題ありません。しかし、人体に影響を及ぼす可能性のある虫は早い段階で駆除しておく必要があります。たとえば、ハエやクモは放置したとしても問題はないですが、蚊に血を吸われてしまうと腫れや痒みが発生するため、見つけ次第駆除すべきです。また、ハチは蚊よりも刺された場合に痛みがある分、より早く対処しなければなりません。ハチ駆除をする際に覚えておきたいことは、安全には十分に配慮した上で作業することです。ハチ駆除で安全への配慮を怠ってしまうと、刺されるリスクは高くなるからです。具体的には距離を保ったり、防護服を着用したりなどは安全にハチ駆除を実施する上で重要です。

巣の場所を的確に把握

初心者でもハチ駆除を行うことは可能ですが、使用するアイテムや手順が間違っていることに気付かず駆除作業を開始してしまうと、襲われるリスクはアップします。無事に作業を終了できれば問題ありませんが、初心者なのでスムーズに終らない可能性があります。たとえば、軒下のように巣がわかりやすい場所にあれば作業しやすいです。しかし、天井裏や木々が多い場所に巣があると、初心者では巣の場所を特定するのが難しいです。巣を見つけられなければハチの脅威を排除できないことから、巣の場所を的確に把握した時はハチ駆除の業者を活用する選択は正しいです。ハチ駆除に依頼すると、わかりにくい場所にあるハチの巣を的確に把握し、しっかりとハチの駆除と巣の撤去を行ってもらえます。